侵入口を把握して万全なハクビシン対策をしよう

侵入口を把握して万全なハクビシン対策をしよう 侵入口を把握して万全なハクビシン対策をしよう

ハクビシンから狙われる家~侵入口はどこなのか~

ハクビシンはどのような家に侵入するのでしょうか。侵入経路になりやすい箇所を知ることで、被害を未然に防ぐことができます。侵入口を塞いでしっかりハクビシン対策を行なっておきましょう。

条件が揃っているところは狙われやすい

ハクビシンは、暖かい場所を好む習性があります。そのため、寒さを凌げる天井裏などは狙われやすいのです。また、天井裏には、寝床の材料として使える断熱材が置いてあったり、天敵から身を隠せたりとハクビシンにとって住みやすい環境が整っています。さらに、近くに餌場があれば全て条件が揃ってしまうでしょう。このようなハクビシンにとって居心地のいい条件が揃っていると、侵入される可能性がとても高くなるのです。

侵入経路を塞ぐ

ハクビシンってどこから侵入口として入って来るんですか?
ハクビシンは、主にフェンスの下の隙間や配水パイプの隙間、屋根裏、電線まわりなどの場所から侵入してきます。また、運動能力も非常に高いため、壁や木などを渡り歩き、高いところからも簡単に家の中に入ってきてしまいます。ハクビシンを家の中に侵入させないためには、このような侵入口を塞ぐことが大事です。金網やワイヤーメッシュなどの道具を使って、侵入口になりそうなところを塞いでおきましょう。

侵入口を知っておこう

ハクビシンによる被害に遭わないためには、侵入口を塞ぐことが一番大切です。自分の家の中で侵入口になりそうな箇所をチェックしておき、ハクビシン対策をすすめましょう。

ハクビシンの生態について調査してみよう

ハクビシン対策を行なうなら、まずはハクビシンの生態について知っておく必要があります。ハクビシンは、一体どんな生物なのでしょうか。

ハクビシンってどんな動物なのか

身体能力の高い動物です(害獣駆除専門業者)

ハクビシンは夜行性の動物なので、人々が寝静まる夜に活動を始めます。そのため、天井裏に侵入されると、夜中にドタバタと足音がして眠れなくなるでしょう。最近では、都会に生息するハクビシンが多くなっており、家の中に侵入する被害が多発しています。また、ハクビシンは、約1.10mの高さまでジャンプできるという驚異の身体能力を持っています。柱や壁、電線、雨樋などの高い場所から家の中に侵入するケースが多いため、注意する必要があるのです。また、ハクビシンは雑食性で何でも食べるという習性があり、特に大好物の甘い果物を置いている家は狙われやすいでしょう。

侵入口を突破されるとどうなるのか

男性

ハクビシンに侵入されると、様々な被害が起こります。主な被害としては、農作物や生ごみを漁って散らかしたり、家畜やペットを食べてしまったりといった食害が多いです。ハクビシンは雑食性で何でも食べてしまうため、自分より体の大きな動物にも襲い掛かります。また、屋根裏に住み着くと、糞尿が放つ悪臭や細菌などから病気にかかってしまうリスクもあるので要注意です。

可愛いからって許しちゃダメ

ハクビシンは、その凶暴な生態とは打って変わって可愛らしい見た目をしています。そのため、油断してしまう人も多いでしょう。しかし、可愛いからといって油断していては、恐ろしい被害を受けることになります。被害を防ぐためにも、しっかりハクビシン対策をしておきましょう。

TOPボタン